HOME > 知ろうモンゴル > モンゴルニュース

モンゴルニュース

【旧正月(ツァガンサル)】
モンゴルでは太陰暦が使われており、毎年日付が異なります。
2010年は2月14日(日)です。
この日は家族や親戚が集まりお祝いをします。
お祝い料理である「ボーズ」を前日に大量に作り、当日に来客がある度に蒸かしてもてなすのが習慣です。
遊牧民の家族は、遠くで暮らしている親戚も1年に1回は旧正月に集まり、盛大にお祝いします。
【270万人目の赤ちゃん誕生】
2009年5月3日、モンゴル国で270万人目の赤ちゃんが誕生しました。元気な男の子でした。
人口が100万人に達したのは1962年で、200万人に達したのは1988年のことでした。
また、人口が300万人に達するのは2016年という予測がされています。
【石油資源の宝庫!埋蔵量1億トンの新油田発見】
2009年2月、内モンゴル自治区四子王旗の草原で新たな油田が発見されました。
2年間にわたる調査の結果、埋蔵量は約1億トンで、うち採掘可能量は3500〜4000万トンに達すると推測されています。
【モンゴル建国800周年】
2006年はモンゴル帝国建国800年にあたり、一年を通じて様々なイベントが行われました。
中でも最大の行事は、馬500頭を動員し、チンギス・ハーンが創り出した無敵の戦法を当時のままの姿でモンゴル平原に再現しました。
【日本との貿易量は増加傾向に】
モンゴルの外国貿易総額は、30億2,840万USドル、内訳は輸出15億4,280USドル、輸入14億8,560万USドルとなっています。(2006年度統計)
輸出品は、銅、モリブデン、蛍石、金などの鉱物資源と牧畜製品といった原材料系が多くを占めます。鉱物資源は輸出全体に占める割合が64.6%になります。
日本への主要輸出品は金、銅鉱、カシミヤなどです。 主な輸出先国は、中国、米国、ロシア、イタリア、英国、日本などで、主な輸入先国はロシア、中国、韓国、日本、ドイツ、米国です。
かつてはロシアが最大の貿易相手国でしたが、近年では日本との貿易額が増加しています。

<<前のページへ | 次のページへ>>

チケットを予約する

お電話でのお問い合わせ

モンゴルの現在時刻

知ろうモンゴル

お役立ちリンク集

ミャンマー旅行の【行こうミャンマー.com】

株式会社 エキスパート

ウランバートルオフィス スタッフブログ

モンゴル人スタッフによるスタッフブログ

SMBC三井住友銀行 外貨宅配

AIUの海外旅行保険
AIU保険会社のサイトへジャンプします。

AIUの海外留学保険
AIU保険会社のサイトへジャンプします。

海外ネットワーク| 海外旅行保険ならAIU保険会社